ベイビーレイズJAPANの解散ライブに行ってきた。[後編]

久しぶりすぎる更新、そして後編。

前編を書いてから早いもので1ヶ月経ってしまいました。

忘れていたわけではありません。

少し忙しい日々が続いていたので、なかなか書く時間が取れませんでした。

ベイビーレイズの解散から1ヶ月以上が経ってしまいましたが、あの思い出はまだまだ色褪せてませんので、後編を書いていこうと思います。

 

伝説の最高雷舞

<前半>

セットリストはこちらをご覧ください。

2018年9月24日(月)ベイビーレイズJAPAN「LAST LIVE 全虎が啼いた!伝説の最高雷舞(クライマックス)」山中湖交流プラザ きらら セットリスト | 日刊セットリスト(セトリ)

1曲目は「ゲート・オブ・ザ・タイガー」。虎ノ門からその歴史を始めた彼女たちにぴったりの1曲。

そこから「Pretty Little Baby」、「恋はパニック」と続きます。リリースされた時はそんなにだったけど、「Pretty Little Baby」はライブで聴くと結構楽しめましたね。この辺りから愛夏の歌唱力が際立ってきたのを覚えています。愛夏がドヤ顔で歌う「ぷりりろべいべー」が最初はなんか違和感があったのを覚えています。

 

そこから続いて「Ride On IDOROCK」からのメドレー。

りこぴんファンの私としては「ひとめぼれ初恋もよう」が聞けたのが非常に嬉しかったです。

「Baby Kiss」が聞けたのも嬉しかったですね。でんちゃんのセリフもラストライブということで特別版でした。この曲は個人的にも思い入れがあるので、最後に聞けて本当によかった。

 

激アツセットリストはどんどん進んで、5曲めは「ニッポン Chu!Chu!Chu!」!!

この曲は何十回何百回と聞きました。私のiPhoneの再生回数ランキングの4位に君臨している曲です。5人が手作りした扇子の小道具を使ってのパフォーマンスでしたが、もうね、こんなに明るい曲なのに聴いてたら涙が出そうになりました。これまでのベイビーレイズへの思いが込み上げてきて。こんな良い曲歌ってるグループが解散しちゃうのかよっていう。

初めてベイビーレイズのライブに参戦する私にとって、初めて好きな曲を生で聴ける感動と、同時にこれが最後なんだという名残惜しさが同時に込み上げてきた瞬間でした。

 

このあとも名曲ぞろいのセットリストで、「世界はチャチャチャ!」、「ワハハ」、「勇者ボクの冒険」、「暦の上ではディセンバー」、「JUMP」と私の好きな曲が続きました。

途中で客席中央の舞台まで移動してきてくれたのですが、その時にメンバーを間近で見ることができたのは非常に感激でした。

暦の上ではディセンバー」はベイビーレイズと出会った最初の曲で思い出深い1曲でした。朝ドラの「あまちゃん」の劇中歌なので、この曲で知ったという人も多いと思います。もうあれも5年前のこと。時が過ぎるのは本当に早いものです。でも、この曲があったからこそベイビーレイズと出会うことができたので、感謝ですね。良い曲をもらいました。

「ハッピーエンドレス」まで披露したところで前半戦終了。

その後1時間程度の休憩をはさみ、その間にスクリーンには特別映像が流されていましたね。これは今度発売されるブルーレイとかに入るんでしょうか?

この休憩時間は本当に休憩タイムとして時間を使いました。やっぱり朝早かったし、ライブ始まったら意外と暑かったし、少し眠くなったので仮眠をとって。

そして万全の状態で後半戦に突入しました。

 

<後半>

後半戦の最初は「夜明けBrand New Days」のサビを全員のでアカペラで歌うところからスタート。いきなりこの曲来ちゃうのか!と思ったらサビだけでした。まぁそうですよね。

「栄光サンライズ」が後半戦の1曲目。これは2015年にベイビーレイズベイビーレイズJAPANになって最初にリリースしたシングルです。新しいスタートを切った覚悟として林愛夏が金髪になったことにはとても驚きました。今ではもうすっかりおなじみになりましたが。あれから数えてももう3年半。そんなに経つのか。

後半は前半以上に流れが早かったですね。もうどの曲が出て来ても名曲ですから。

後半の序盤で「虎虎タイガー!!」が聞けたのは本当に嬉しかった!

これはもう名曲中の名曲。もっと売れてよかったよね。アイドルソングの歴史に残る名曲だと思いますよ。

この曲以降も盛り上がる系の曲が次々と繰り出されて、クライマックスに向けてどんどん盛り上がっていく会場を見ながら、でもこれが最後なんだっていう気持ちも少しずつ強くなって来て、終盤に近づいたところで「閃光Believer」、「○○○○○」、「シンデレラじゃいられない」の3曲はやばかったね。かっこよすぎでした。こんなにかっこいいアイドル他にいるだろうか。いや、いない。と、思わず反語を使ってしまうレベル。

○○○○○」の曲終わりの全員で「○○○○○」っていうところが好きで、そこが聞けた時には鳥肌もんでした。

この3曲の流れからのデビュー曲「ベイビーレイズ」。

ベイビーレイズ始まりの曲です。この曲がリリースされた時、私はまだベイビーレイズのことを知りませんでした。でもその1年後にベイビーレイズに出会い、たくさんの名曲に出会えたわけで。「ベイビーレイズ」は彼女たちの歴史の最初の一歩を飾る大事な1曲ということで、非常に感慨深いものがありました。CD音源だとまだ幼い5人の声での歌唱なんですが、生のライブで聴く「ベイビーレイズ」は6年前とは全然違う、迫力満点の1曲になっていました。

そして、デビュー曲に続いて始まったのは「夜明けBrand New Days」。

これはこれで特別な曲じゃないですか。ファンにとっても、本人たちにとっても。

「栄光サンライズ」のカップリングとして収録されていた本作ですが、結果的に表題曲より有名になってしまった感があります。ベイビーレイズといえば「夜明けBrand New Days」という感じもします。

5人が武道館を目指していた頃、そしてその夢を叶えた後という、まさにベイビーレイズのこれまでの歴史を歌ったかのようなこの曲は本当に力強くて、背中を押してくれます。彼女たちのことを詳しく知らない人でも、この曲を聞けば、何か感じるものがあるんじゃないでしょうか。

虎ガーの皆さんが楽しみにしている「イエッタイガー」も一緒にやって来ました。楽しかったです。

 

そこからの「僕らはここにいる」

これもずるいですよね。「僕らはここにいる」って。

もういなくなっちゃうのに。涙がちょちょぎれそうでしたよ。

この曲が収録されたミニアルバム「THE BRJ」がリリースされたのは1年前。

その時のレビューがこちらですが。

factorial.hatenablog.jp

 この時はまさか解散するなんて思っていませんでしたし、こんな最高のアルバムがリリースされたことで、今後の活動への期待も高まっていました。個人的に。

なのにまさかの解散。1年で何がどうなるかわかんないんだなって思い知らされました。もっともっと良い曲をたくさん届けてくれると信じていたのにな。

このミニアルバムに収録された曲はどれも好きでしたが、その中でも特にクオリティが高い「僕らはここにいる」は、5人の気持ちと決意が詰まった曲でしたね。

本当はこれからまだまだ活躍していくぞ、っていう意味の曲だと思うんですけど。

解散してしまった今、ファンのみんなの心の中で、ずっと歌い続けてるよって意味に変わったんだと思います。

というか、そういう意味に変わる瞬間を目の当たりにしたということなのでしょう。

この曲で、本編が終了しました。

 

<アンコール>

が、しかし、当然ラストライブがそんな簡単に終わるわけありません。

アンコールです。

ここでは5人と会場の全員で写真を撮ったりして、その瞬間を写真にも、その場にいた全員の心にも焼き付けました。

アンコールで歌われたのは「スパイラル」。

これは、こういう時のための曲でしたね。

上で紹介したレビューでもこんな風に書いてました。

何かしらの別れを歌ってるんでしょうかね。「ありがとうって言葉だけじゃ 終わりたくないよ」っと言っていますから、相当感謝している大切な人に向けて、その気持ちを伝えたい、的な曲なんでしょう。

もしくは、何かしらの節目にありがとうって伝えるための曲なのかな?

例えば5周年を迎えたベイビーレイズから、応援している人たちみんなへとか。

ベイビーレイズJAPAN「THE BRJ」ほぼ最速レビュー - FACTORiAL!

 まさかこんな節目に歌われるとは思ってませんでしたが、ここで歌わなきゃいつ歌うんだよっていう歌でしたね。

アンコール2曲目は「SMILE」。

これも定番曲かな。初期の曲だし、ライブで大事にされて来た曲ですね。

ただ、もうこのタイミングでスマイル作るのはちょっと難しく、ちょちょぎれそうな涙を堪えるのに必死でした。

この2曲でアンコールは終わったのですが……。

 

<ダブルアンコール>

当然ながら、アンコール1回で終わるわけがないですよね。解散ライブですよ。

伝説の最高雷舞ですよ!!

最後に登場した5人が歌ったのは、りおトンの紹介で始まった「ベイビーレイズ」。

ベイビーレイズ始まりの曲にして、終わりの曲はこれです!!!

もうね、ここまでくると、盛り上がるしかないっていう。寂しいとか悲しいとか、そういう気持ちはとりあえず置いといて、楽しむしかないっていう気持ちで見てました。

後もう少しで終わるこの瞬間を、できる限り真正面から受け止めたい、思いっきり感じていたいという気持ち。

会場が1つになった瞬間でした。

メンバー5人が輝いて見えました。ライブがスタートした時から輝いてましたけど、最後の瞬間が最高に輝いて見えました。

ステージの後方へ歩いていく5人の姿は忘れられません。

5人が退場した後に上映された「夜明けBrand New Days」の新バージョンのMVで、ああ終わったんだな、と思いました。

最後に追加された歌詞がグッと来ました。

それぞれの未来へ歩いていく5人を応援したいなと思います。

 

解散から1ヶ月

 

ベイビーレイズの解散から1ヶ月以上が経って、未だにあの光景は忘れられないですし、貴重なグループを失ったなと思います。

こんなに熱くて、実力もあって、曲やパフォーマンスのクオリティも高い、そんなアイドルグループなかなかいないですよ。

もっと長く活動して欲しかったですし、もっといろんな良い曲を聞かせて欲しかったというのが本音です。

でも、本人たちが考えて選んだ道ですし、それぞれにやりたいことがあるのだと思いますから、ファンとしてはそれをお応援するしかないですね!

また、それぞれの場所で活躍してほしいものです!

 

以上、遅くなりましたが、ベイビーレイズJAPANのラストライブ・伝説の最高雷舞のレポートでした。

読んでいただきありがとうございました!

 

ベイビーレイズJAPANの解散ライブに行ってきた。[前編]

ベイビーレイズJAPAN、解散

あれは7月25日のことでした。

ベイビーレイズJAPANの公式サイトにて、9月24日を持って解散することが発表されました。

2013年の「暦の上ではディセンバー」以来、5年間応援してきた私にとっては非常にショックが強い出来事でした。

今まで当たり前のように、日常的に聞いてきたアーティストが、あと2ヶ月で解散してしまう。この事実をどう受け止めたらいいのか、しばらく自分でも心の整理ができませんでした。

解散と同時に、9月24日に山梨県の山中湖にてラストライブ「全虎が啼いた!伝説の最高雷舞(クライマックス)」が開催されることが発表されました。

いや……なんで山中湖なんだよ、という感じでしたが。

最後に日本を象徴する富士山の前で、最高の景色を見てもらいたい、ということでした。

にしても山中湖は遠いだろうがと、どうやっていくんだよと、参加をためらいました。

しかし、これで最後なんだし、ライブには1回も参加したことない私はこれを逃すともう二度とベイビーレイズのパフォーマンスを見ることができなくなってしまうわけで、絶対に後悔するだろうなという思いに至り、参戦を決意しました。

山中湖でもどこでも行ったろうやないか!三連休最終日とか関係ねえ!という気持ちで、気づいたらチケットを確保し、東京駅出発のJTBのバスツアーの予約まで完了していました。

それが8月末の出来事でしたが、それからはワクワクというかドキドキというか、複雑な気持ちを抱えながら9月を過ごしていきました。

 

いざ、決戦の日。

9月24日月曜日、ついに運命の日が来ました。

私は東京駅からのバスツアーに申し込んでいたので、東京駅の近くのバス乗り場に向かいました。

そう、朝の、6時45分に!!!

早くないですか!!!

元々の予定ではもうちょっと遅かったはずなんですけど!!!

ということで、私は朝の5時半に起きて、6時にはホテルを出ました。

集合時間ちょい前にバス乗り場に到着すると、すでにそこには多くの虎ガーっぽい人々がいました。待っている人々が来ているに「BABY RAIDS」的な言葉が書かれているのを見たとき、どれだけ安心したことでしょう。

10分程度待ったのち、受付が始まり、順に乗車していきました。何気に1番最初にバスに乗ってしまいましたが、ソロで参加している私にとっては乗る順番はあまり関係なかった。

全部でバスは4台で、160人程が東京駅から行ったということになりますね。

バスが出発して、高速に乗ったあたりで突然放送が。

そう「ベイビーレイズJAPAN大矢・高見のしゃべりスタ!」のバスツアー特別バージョンが流れて来たのです。

ベイビーレイズJAPANのメンバーが一人ずつ出て来て、これまでの活動を振り返ったりするという50分程度の番組だったんですが、十分楽しめました。メンバーの人柄がよく現れてて、なかなか良いプログラムでしたね。

7時すぎに出発したバスは、渋滞などに引っかかることもなく、1回のトイレ休憩を挟んで、9時30分には山中湖に着きました。

 

山中湖!でかい!

会場である山中湖交流プラザ きららは自然に囲まれた場所で、東京からのバスがおそらく一番乗りだったので、まだあまり人はいませんでした。

山中湖に行くのは今回が初めてだったのですが、とても大きかった。想像以上。

しかし残念ながら雲が多く、富士山は見えませんでした。

でも天気自体はそんなに悪くなく、非常に気持ちいい気候でしたね。ああ、ここに普通にお泊りに来るのも日々の喧騒を忘れられていいだろうなと思ったりしながら、開場時間までしばらくあったので、付近をぶらぶらしてました。

すると、野外のステージだから当たり前なのですが、会場が非常に近いので、リハーサルの音漏れが普通に聞こえてましたね。最初は歌声はあまり聞こえなかったのですが、途中から普通のボリュームで聞こえるようになって、「あぁ、この曲歌うんだな」って若干のネタバレ感が漂ってました(笑

あー最後のアンコールでこれ歌うんだーってとこまで把握して私は近くのセブンイレブンにいきました。

グッズ売り場は非常に長い列ができていたので、ひとまず諦め、昼ごはんを買いにセブンへ。

セブンの周りには虎ガーらしき人々と、普通に山中湖でサイクリングとかを楽しんでいる人とかで賑わっていました。

連休の最終日に山中湖まで来れる虎ガーさんたちはやっぱ大人が多いので、みんなセブンでお酒とか買って昼から一杯やってましたね。良い休日の過ごし方です。

私はお昼ご飯のおにぎりとパンと何か気になった富士山コーラ的なものをかい、すぐ横のだだっ広い広場的なところでむしゃむしゃ食べました。のどかなお昼で気持ちよかった。

ランチを終えて、再び物販・フードエリアに戻って来ると、そこにはものすごい長蛇の列。

なにこれ、グッズ以上に並んでんじゃん!と思ってその先を見てみると、トイレでした(笑

やっぱアイドルのライブだから、男性が多いので、めちゃくちゃ並んでましたね。多分あの時もっともホットなスポットだったと思います。

そうこうしている間に、時間はもう12時、開場の時刻となりました。

1番から順番に入場していきますが、私は全然後半だったので、その隙に列が短くなって来たグッズに並びました。タオルとカラーバンドを購入。これでなんかファンっぽくなったなと思って、そのまま入場列に並びました。

そして、いざ入場。

 

思いの外長くなってしまったので、続きは後編へ!

つばきファクトリー「今夜だけ浮かれたかった」が最高に浮かれた名曲だった

「この曲だけレビューしたかった」

こんにちは。お久しぶりです。

つばきファクトリーの新曲「今夜だけ浮かれたかった」のMVが7月7日土曜日、七夕の日に公開されましたね!

7月18日リリースのトリプルA面シングル「デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい/純情cm(センチメートル)/今夜だけ浮かれたかった」の1曲で、3曲の中で1番最後にMVが公開されました。

これまで公開された2曲もなかなかクオリティが高く、「純情cm(センチメートル)」の時点で記事を書こうかとも思いましたが、時間がなかったため滞っていました。

が、しかし、今回の「今夜だけ浮かれたかった」を聞いて、書かずにはいられなくなりましたので、勢いでレビューをしたいと思います。

 

楽曲のキャッチーさがすごい

いろいろ言いたいことはあるのですが、とりあえず聞いてください!

youtu.be

 

どうですか。出だしからやばくないですか。

まずもってイントロから繰り返し登場するサビのメロディがキャッチーですよね。

今回の楽曲の制作は

作詞:児玉雨子 作曲:中島卓偉 編曲:炭竃智弘

というラインナップ。

作詞・作曲を、今のハロプロを支える個性的な2人の作家が担当している時点で、期待が膨らみます。

編曲の炭竃智弘さんは今まであまり意識してなかったのですが、今までにも「汗かいてカルナバル」、「マナーモード」、「明日テンキになあれ」という僕の大好きな楽曲のアレンジを担当しているすごい方でした。

もうこれは個性のぶつかり合いといっても過言ではないでしょう。

 

中島卓偉さんといえば、昨年リリースの「就活センセーション」が印象的でしたが、今回の作品は前作とは打って変わって、わかりやすく、かつダンサブルでかっこいいアイドルソングになっていますね。先ほども言いましたが、サビがすごくキャッチー。このサビだけでご飯3杯いけます。

そして、私は詳しいことはわからないのですが、この曲ってもしかしてサビで転調してます?もしそうだとしたらそれもまた中島卓偉らしいなと思いますね。

きっと今回も本人が全力でコーラスに参加してるんだと思うので、ぜひ、アプカミで公開してほしいです。

終盤の「今夜だけ♪」っていうコーラスがなんとなくつんくさんっぽく聞こえて、少しい懐かしいというか、うれしい気持ちになりました。ハロプロっぽいですよね。コーラスが主張しすぎてるこの感じ。

 

歌詞もまたいいですね。キャッチーなサビに対して、「今夜だけ浮かれたかった」っていうフレーズがばっちりハマってます。ハマりすぎてるくらいですね。

やっぱりこういう曲って、ノリが良いだけに、どれだけしっくりくる歌詞を当てられるかっていうのが大事だと思うんですけど、そこらへん児玉さんは確実にこなしてくれますね。

 

MVの中では、浴衣を着たメンバーが話すシーンが多数あるのですが、その中で突然カメラ目線で歌い始めるところに何人ものファンがすでにやられてるみたいですね。

なかなか斬新な演出です。これ、撮影してるとき笑いそうにならなかったんでしょうか。歌ってない方のメンバーは話す演技を続けてるわけですよね。ぜひともメイキングを見てみたいです。

MVの完成度も非常に高くて気にってるのですが、1つだけ気になるところがあるとすれば、ダンスシーンの衣装と浴衣とのギャップがすごすぎないかっていうことですね(笑

まぁ、これがハロプロっぽさというところでしょうか。

この衣装を見て安心したという声も多数聞きますので。

 

この曲で下半期を駆け抜けてほしい。

昨年、レコード大賞最優秀新人賞を獲得したつばきファクトリーですが、今年に入ってからリリースした楽曲も非常にクオリティが高く、どれも聞きごたえのあるものばかりです。

こっから下半期に向けて、さらに勢いを増して、活動の幅を広げてほしいところです。

今回のシングル、特に「今夜だけ浮かれたかった」は良い起爆剤になり得る曲だと思うので、プロモーションを頑張って、ぜひ売れてほしいです。

私はもう予約しました。発売日が楽しみです。

残りの2曲もぜひ聞いてくださいね!

それではまた!

 

前作「低温火傷/春恋歌/I Need You ~夜空の観覧車~」のレビューもぜひご覧ください! 

factorial.hatenablog.jp

 

 

つばきファクトリー 4th シングル

「デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい

 /純情cm(センチメートル)

 /今夜だけ浮かれたかった」

2018年7月18日(水) リリース

 

youtu.be

 

youtu.be

「天下一品のテーマ」が最高にSILENT SIRENだった。

異色のコラボ・天下一品×SILENT SIREN

お久しぶりです。

突然ですが、皆さん、今月5月2日に公開された「天下一品のテーマ」をお聞きになりましたか?

この曲は有名ラーメンチェーン・天下一品のテーマソングで、なんと、人気ガールズバンドのSILENT SIRENが歌っているんです!

ドラムのひなんちゅがかつて天下一品でバイトしていたことがきっかけで実現した異色のコラボ。今回のテーマソングは、天下一品というラーメン屋さんをテーマにしながらも、SILENT SIRENらしい1曲になっているので、今日はこの曲の魅力を紹介していきたいと思います!

 

普通にSILENT SIRENの曲だった。

まずは曲を聞いてみてください。

youtu.be

どうでしょうか。

演奏時間こそ3分程度と短いですが、その中に天下一品の特徴と、SILENT SIRENらしさが詰め込まれた非常にクオリティの高い曲になっています。

私は天下一品ラーメンは食べたことないのですが、この曲を聞いて、MVを見ると、あーこんなラーメン屋さんなんだなー食べたくなーと思ってしまいます。

天下一品ユーザーの方から見たらどうなのかわかりませんが、テーマソングとしての役割は十分に果たしているのではないでしょうか。

また、曲調やアレンジ、構成についてはいかにもSILENT SIRENらしい作りになっていますね!

個人的にはサビ前の「あたーしだーけーのーもーのー」からの「こってーりーあじーかさねー」っていうサビへの入りが最高にSILENT SIRENらしい。

「あたしだけのもの」ってフレーズがいかにもサイサイですよね。

そしてサビの途中と最後に入る「らっしゃい!」という合いの手もサイサイですね。

2番Aメロの「頑張った自分へご褒美」の「ご褒美」の言い方とか。

あとは2番サビ後の突然の転調からのゆかるんの謎ラップは、聞いてるこっちが恥ずかしくなるタイプのあれですが、でもまぁゆかるんだからいいかなって気になれます。

最後の最後までサイサイらしさを突き通したキャッチーな楽曲になっています。

 

おわりに。

サイサイの楽曲の持ち味といえばやはりそのキャッチーさだと思います。

楽曲のキャッチーさだけでなく、歌詞のキャッチーさ、そしてメンバーのパフォーマンスのキャッチーさ。

ついつい目も耳も傾けてしまいたくなるようなキャッチーさが詰め込まれているんです。

そういう部分で考えるとテーマソングなんかを歌ってもらうには最適なバンドですね。

私もこの曲を聞いて、天下一品に行きたくなりました。近々行こうと思います。

みなさんも、この曲を聞いて天下一品に足を運んでください。

 

p.s.

ゆかるんがバイトしてる天下一品なら週5で通いたいと思います。

iPad Pro を使って数学検定の勉強をしてみた。

iPad Pro を購入していました。

こんにちは。今回は久しぶりに数学検定のお話です。

実はわたくし、今年のお正月に、iPad Proを購入していました。

Apple Storeの初売りで、アップルギフトカードがもらえるということだったので、もう買うなら今っきゃない!と決心し、思い切って購入しました。

私が選んだのはこちら。

iPad Pro 10.5 インチ Wi-Fi モデル 256GB

www.apple.com

10.5インチモデルは昨年の6月に登場した新モデルです。iPad Proの発売当初からある12.9インチと悩みましたが、気軽に持ち運べるものがよかったので10.5インチを選択しました。

そして、iPad Proといえば、何と言っても、Apple Pencilですよね!

iPad Pro専用のスタイラスペンです。これを使うと、非常に滑らかに、iPad Proの画面上に文字を書いたり、イラストを描いたりすることができます。

これが使いたくてiPad Proを買ったみたいなもんです。

今回は初売りでもらえるギフトカードが12000円分あったので、こちらを使ってApple Pencilを買いました。お得でしたね。

 

iPad Proで勉強をしてみたかった。

私がiPad Proを買った大きな理由は、Apple Pencilを使いたかったことですが、もっと具体的にいえば、iPad ProとApple Pencilを使って数学の勉強をしてみたかったんです。

数学の勉強をしてると、ノートにしろルーズリーフにしろ、どんどん紙がたまってかさばっていくじゃないですか。そしてその紙の保管に困るんですよね。別に気にせず捨てるという人もいらっしゃるとは思いますが、私は取っておきたいタイプなので、時間が立つほどにどんどん紙がたまっていくことに少し困っていました。そこで、iPad Proを使えば、自分の勉強の記録をデータとして残すことができ、非常にスマートな学習ができるのではないかと思いました。

実際に私が勉強をするに当たって、まずはノートアプリをじっくりと選びました。

色々と調べた結果、私が選んだのはこちら.

GoodNotes 4

GoodNotes 4

GoodNotes 4

  • Time Base Technology Limited
  • 仕事効率化
  • ¥960

 非常に評価の高い、定番ノートアプリです。

私もiPad Pro初心者なので、とりあえず評価が高いものを選んでおけばまちがいないかなという安易な選択をしてみました。

このアプリを使って、1月の上旬から2ヵ月ほど勉強をしてみましたので、具体的にどのように使ったかを紹介していきます。

 

思った以上に楽しく勉強できた。

私の2ヵ月間の勉強の成果の一部を公開します。恥ずかしながら。

f:id:lime1724:20180313231822j:plain

f:id:lime1724:20180313232211j:plain

 

f:id:lime1724:20180313232840j:plain

 

f:id:lime1724:20180313233531j:plain

 

f:id:lime1724:20180313233638j:plain

f:id:lime1724:20180313233652j:plain

こんな感じで、2ヵ月弱、微分積分の勉強をしました。

内容に間違いがあるかもしれませんが気にしないでください(笑

GoodNotesの機能により、直線や円を簡単に描くことができるので、グラフを描いて考える問題では、これが非常に役立ちました。

そして肝心の文字、特に数式ですが、これも少し拡大して書けば、添え字などの細かい文字も問題なく書けるので、普通のノートと同じ感覚で問題を解き進めることができました。

もちろん最初のうちは慣れが必要だと思います。ペンの切り替えや、色、線の太さの切り替えなど。

でもこれは普通にノートを使っている時でもペンを持ち替える必要があるわけですから、時間のロス的にはあまり変わらないか、こちらの方が短縮できているかなぁって感じもしますね。

 

また、その他にも、3次元のグラフを書かなければならない時にはさすがに自分の手では無理なのでソフトを使いました。

それがこちら。

GeoGebra

www.geogebra.org

これもまた数学をする方には有名なソフトですね。

パソコン版のソフトでグラフを描いて、iPad Proに画像を転送してノートに貼り付けました。

3次元のグラフなんかは、ノートで解く場合、完全に諦めなければならない図なので、ソフトを用いて正確できれいな図が描けて、それを見ながら問題を解き進めることができるのは非常に便利でした。

 

今後も使い続けたい。

2ヵ月弱使ってみて、iPad Proは実用に耐えうるなと思いました。

慣れは必要ですが、使い始めればすぐに慣れます。そして何より、色々なアプリを使うことで非常に快適に勉強を進めることができます。

今の時点で私は、GoodNotes 4とGeoGebraしか使っていませんが、探せばもっと便利なアプリがあると思いますので、色々と調べて、試行錯誤しながら自分が一番やりやすい勉強法を見つけていきたいと思います。

こういう風にiPad Proを使って数学の勉強をしている例って、調べもあまり出てないので、少しでも参考になればと思い、今回の記事を書きました。

今後も継続して、勉強の経過を報告していきたいと思います。

それではまた次回!

 

数学検定の勉強に興味がある方はこちらの記事もぜひ!

factorial.hatenablog.jp

  

factorial.hatenablog.jp