つばきファクトリー「低温火傷/春恋歌/I Need You 〜夜空の観覧車〜」レビュー

つばきファクトリの2018年第1弾シングル!

昨年末、レコード大賞最優秀新人賞を受賞してノリに乗ってるハロー!プロジェクトのユニット、つばきファクトリーの3枚目のシングルが2月21日にリリースされました。

前作、前々作と同様にトリプルA面シングルになっており、三者三様の良さが際立つ、渾身の1枚になっていますので、今回はその魅力について語りたいとおもいます。

 

1.「低温火傷

作詞:児玉雨子 作曲:大橋莉子 編曲:近藤圭一


つばきファクトリー『低温火傷』(Camellia Factory [Low-Temperature Burn])(Promotion Edit)

今回のシングルは冬から春への季節の移り変わりを感じさせる内容になっているのですが、最初の1曲は冬から始まります。

タイトルの「低温火傷」は気づかない間に始まっている恋の例えでしょうか。

低温火傷してる胸中 気づいたときにはもう遅すぎる」

というフレーズが印象的です。恋って、気づいたら落ちてるものですからね。

冬の恋を、低温火傷に掛けた歌詞はなかなか良いなとおもいます。

メロディもなかなかキャッチーで、少しシリアスなAメロから一転して勢いを増すサビまで、全部が聴きどころですね。これは良い曲をもらいましたね。

今回のシングルに収録されている3曲の中で最初にYouTubeで公開されたのがこの曲でしたが、初めて聞いた時からこのシングルは買いそうな予感がしていました。この1曲だけでもCDを手に取る価値はあるとおもいます。

 

2.「春恋歌」

作詞:大森祥子 作曲:鈴木秋則 編曲:鈴木俊介


つばきファクトリー『春恋歌』(Camellia Factory[A Spring Love Song])(Promotion Edit)

2曲目はTHE 春の歌です!

こういうわかりやすい春の歌、好きです。いいですよね。春の訪れを感じさせる、ワクワクする感じが。

これでもか!っていうほど春の訪れを感じさせる表現が散りばめられていますね。

出会いの季節である春に、運命の人に出会ったんでしょうね。

新しい物語が始まることへの期待や胸のドキドキが伝わってくる歌詞になっています。

これはPVと一緒に聞いてもらいたい曲ですね。

 

3.「I Need You 〜夜空の観覧車〜」

作詞:星部ショウ 作曲:星部ショウ 編曲:浜田ピエール裕介


つばきファクトリー『I Need You ~夜空の観覧車~』(I Need You ~The Ferris Wheel in the Night Sky~)(Promotion Edit)

この曲は季節を示す言葉が特に出てくるわけではありませんが、何となく春っぽいな感じがします。

冒頭のセリフが畳み掛けてくるあたりがつばきファクトリーっぽいです。

個人的には季節の移り変わりとしては

低温火傷」→「I Need You 〜夜空の観覧車〜」→「春恋歌」

かなーって思うんですが、これを1つの恋の始まりの物語と捉えるならこの曲順なのかなって気もします。

低温火傷」で恋に気づいて、春になって「春恋歌」でその恋への期待を膨らませ、そして「I Need You 〜夜空の観覧車〜」でついに恋が実るっていうストーリーですかね。

そう考えるとなかなか良い曲順ですね。

「I Need You 〜夜空の観覧車〜」は今回の3曲の中では一番落ち着いた雰囲気の楽曲で、内容的にもハッピーエンドなので、「春恋歌」とはまた違う意味で幸せな気持ちになれますね。

観覧車に乗る前はただの友達同士だった2人が、1周回って降りてきた時に結ばれてるっていうのが素敵だなと思います。

「夜空の観覧車」ってのがもう素敵ですもんね。曲も歌詞もいい。

観覧車を「虹色の時計」と例えてるのもいいですね。でもそのすぐ後に観覧車って出てきて、ネタバレ早って気もしますが(笑

星部さん相変わらず良い曲作りますね。この人の才能はすごいと思います。

これもまたPVと一緒に聴いてほしい曲です。

 

まとめ

ハロプロの新曲はいつも、発売前にYouTubeの公式チャンネルでPVのフルバージョンが公開されるわけですが、今回も「低温火傷」→「I Need You 〜夜空の観覧車〜」→「春恋歌」の順で公開されました。

低温火傷」を聴いて、あ、これはいい曲だ、CD買おう!と思い、

「I Need You 〜夜空の観覧車〜」を聴いて、これもいい曲だ!もう絶対CD買うわ!!!ってなり、

「春恋歌」を聴いたときには、はい、注文します!!!ってなりました(笑

それくらい3曲とも期待を裏切らない、クオリティの高い仕上がりになっていました。

これはすごいシングルが出たなと思います。最近のハロプロはやたらとトリプルA面シングルにしたがりますが、これだけのクオリティのシングルはなかなかないですよ。

今年のハロプロの作品の中で、暫定1位の作品だと思います。

さすがレコ大最優秀新人賞を受賞しただけあって力入ってますね。

今後の活躍に期待です。

今年はアルバムとか出してほしいですね!

以上、久々のシングルレビューでした!